2010年04月07日

学習塾に1億円賠償命令=講師が女児殺害、使用者責任認める−京都地裁(時事通信)

 京都府宇治市の学習塾で2005年、小学6年堀本紗也乃さん=当時(12)=が塾講師の男(27)=殺人などの罪で服役中=に刺殺された事件で、紗也乃さんの両親が塾を経営する「京進」(京都市)の使用者責任などを問い、約1億3000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、京都地裁(松本清隆裁判長)は31日、同社に約1億円の支払いを命じた。
 松本裁判長は塾側の使用者責任を認め、「講師の使用者である塾が、講師が負うべき損害賠償額と同額の責任を負うことはやむを得ない」と指摘。京進側の「女児殺害計画に気付くことは困難で、故意に罪を犯した講師とは責任が異なる」などとの主張を退けた。 

【関連ニュース】
死因は出血性ショック=男性刺殺、捜査本部設置
「もみ合い刺さった」殺意否認=漁船員殺害の裁判員裁判
背中の傷、肺まで到達=現場から包丁発見-3人死傷放火・岡山県警
島根女子大生殺害に懸賞金=有力情報最高300万円
義姉刺殺、放火して逃走=同居の43歳男、殺人容疑で逮捕

<私のしごと館>わずか7年で幕 京都31日閉館(毎日新聞)
<業過致死容疑>当直医書類送検 適切処置せず死亡 警視庁(毎日新聞)
【話の肖像画】KYバンザイ!(上)医師・鎌田實(産経新聞)
殺人 鉄工会社社長に複数の刺し傷 北九州(毎日新聞)
<カタクリ>薄紫色の花が魅了 栃木・那珂川の公園(毎日新聞)
posted by タカハラ トシオ at 23:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。